Menu
相続税と相続生前対策なら東京大田区大森の税理士法人益子会計
  • 電話でのお問合せ
    月曜日~金曜日(祝日を除く)9:00~18:00
  • メールでのお問合せ
  1. HOME ››
  2. 相続コラム一覧 ››
  3. column9「自宅の建て替えで相続税を節税できる?」

菅野・真庭の相続コラム

column09自宅の建て替えで相続税を節税できる?

家屋の固定資産税評価額で決まる

相続税を計算する際に、家屋(自宅)は購入するときに実際に支払った金額ではなく、国が計算した固定資産税評価額がそのまま相続税評価額になります。
固定資産税は賦課課税制度を採用しておりますので、こちらで計算するのではなく、国が評価額を計算し決定します。

税金の対象となる評価額を国側が計算し決定するため、建物の固定資産税評価額は大体建築費用の60%~70%になるように低めに設定されます。

仮に5,000万円の建物を取得したとしても、固定資産税評価額に換算すると3,000万円~3,500万円程度として評価されます。(場合によってはもっと低く評価されます。)
固定資産税評価額が、そのまま相続税評価額になりますので、相続税を計算する際も同様の結果になります。

親の費用で建て替えて相続すれば節税に

自宅の建て替えによる節税つまり、生前に被相続人が5,000万円で自宅を建て替えて、建て替え後の家屋を相続した場合は、家屋の固定資産税評価額3,000万円~3,500万円が相続財産となりますので、現金で相続した場合に比べて1,500万円~2,000万円相続税の対象財産を減らせることになります。

実際にあった事例として、5,000万円で建築した家屋が、固定資産税評価額では1,200万円程度として、かなり低く評価されたケースもありました。

2世帯住宅をこれから建てようとお考えの方などは、子が費用を負担するのではなく、親の財産から優先的に費用を支払った方が、結果として相続税の節税になる可能性が高いです。

相続無料相談日と相続セミナー日程

【相続無料相談日】相続についてご心配の方のために今後の指針をアドバイスさせていただく無料相談日相続無料相談について»

開催日:2017年9月30日(土)/2017年11月25日(土)/2017年12月16日(土)

時間:09:30~10:20/11:00~11:50/14:00~14:50/15:30~16:20

[費用:無料] ※ご予約

上記の時間帯で無料相談を承っております。

相談日以外は有料相談になりますが、相続税申告のお見積りは随時無料で行っております

東京大田区大森の会計事務所「税理士法人益子会計」の無料相続相談
相続無料相談お申込み»

【相続セミナー】相続・生前贈与の成功例・失敗例
相続セミナーについて»

知らないと損をする相続税のイロハ

2017年10月28日(土曜日)10:00~12:00 費用:無料

相続のプロと家族で一緒に相続を考えてみませんか?

相続税申告の現場で本当に起こった成功事例と失敗事例をご紹介致します。

※ご参加頂いた方には、相続書籍を無料プレゼント致します。

『知らないと損をする相続税のイロハ』税理士法人 益子会計 共同出版

セミナー申込書ダウンロード⇒相続セミナー申込書

相続セミナーお申込み»
pagetop